> 
 > 
社員紹介

 

 

当社の各部署の最先端で活躍している社員が、

入社のきっかけ、自身の就活を振り返ってのアドバイス・・

携わる仕事の内容ややりがい、これまでの仕事で印象に残ったエピソード などを語ってくれています。

 

廣田 大輔 【広島本社 環境部】(入社3年目):岡山理科大学院生物地球システム専攻 出身

 

 

 

Q1:入社の決めた理由を教えてください。

 

私は幼少の頃より環境分野(自然・動植物)に強い関心を抱き、高校生の頃には既に環境調査を

生業とする業界に身を置きたいと考えるようになりました。また、就活時代の企業研究で、

会社の取り組み、職場の雰囲気などの様々な要因を考慮し、この会社に入社することを決めました。

 

Q2:現在の業務内容について教えてください。

 

環境調査業務。現地に赴いて検体や情報をサンプリングします。主として、河川(流量・水質)調査、

海域(水質・底質・底生生物)調査、土壌調査、大気調査、騒音・振動・交通量調査などです。

そして、得られた結果を用い報告書を作成・提出します。

 

Q3:どんなときにやりがいを感じますか?

 

日々の業務、報告書の作成及び提出など、様々な場面でやりがいを感じます。その中でも

特にやりがい、というよりも強い達成感を感じるのは、内容が何であれ『船舶』を利用する業務です。

私は船に弱く、船酔いで一度ならず何度か船上で倒れ再起不能に陥ったことがあります。

それ以来上司や先輩方の経験談や自分なりに対策を考え、今では何とか無事に陸へ戻れるようになり、

船上から陸へ上がるたびに強い達成感を感じます。

 

Q4:これまで携わった仕事で印象に残ったエピソードなどあれば教えてください。

 

平成30年度で2年目となりますが、最初の1年は浮かれるというか、学生気分が抜けきらないことで

上司や先輩方からよくお説教を受けました。厳しい教えを受けたこともありましたが、それらは糧となり、

現在の成長に繋がっていると実感しています。

 

Q5:今後の目標など教えてください。

 

 今後必要となる知識・経験の蓄積、仕事に役立つ資格の取得に取り組もうと考えています。

 

 

Q6:後輩や就活中の学生へのアドバイスやメッセージをお願いします。

 

 私が所属していた大学には、就職課なる専門部署がありました。他大学でも同じような部署があるかは

わかりませんが、それらを大いに活用した方が良いと思います。ただ、自分の専攻・専門分野に関することは、

研究室の担当教員や仲間に意見を求めた方が良いかもしれません。また、企業研究。セミナーや説明会への

積極的な参加。妥協はなし、頼めば社員の方と話す場を設けてくれる企業もあります。

当時の私は、数年十数年先も自分がその会社で働いているということを、明確にイメージできる会社を

探していました。  

 

 

山本 藍  【東京支社 環境部】(入社3年目) :東京工科大学 応用生物学科 出身

 

 

Q1:入社の決めた理由を教えてください。

 

大学で学んだ化学の知識を活かし、環境や人の暮らしに貢献できる仕事をしたかったので入社を

決めました。

また、土日祝日が休めることも決め手になりました。

 

Q2:現在の業務内容について教えてください。

 

主に水質調査、放射能・放射線検査、シックハウス測定などの環境調査業務に携わっています。

実際に現場にて検体や情報をサンプリングし、調査結果をまとめて報告書を作成します。

 

Q3:どんなときにやりがいを感じますか?

 

調査が大変な時もありますが、自分が調査して得られた情報と業務の方の分析結果をまとめ、

無事に報告書を納品できた時にはとても達成感があります。また、仕事を通してこれまで知らなかった

土地の環境も知れること、その結果が環境保全やその土地の人の健康や生活に役立たせることができる

ということもやりがいに感じます。

 

Q4:これまで携わった仕事で印象に残ったエピソードなどあれば教えてください。

 

営業の方づてに、お客様よりお褒めの言葉をいただいたことがありました。その時私は入社1年目で、

まだ自分の仕事に自信がなかった頃でしたので、その事で自信を持てるようになり、それまで以上に

身を引き締めて頑張っていこうと思いました。

 

Q5:今後の目標など教えてください。

 

今は任される仕事をミスなく行うことを第一に、知識や経験を積んでいきたいです。また、現場では力が

必要な仕事もあるため、現状では男性社員に支えてもらってばかりですが、今後女性も活躍でき、会社の

支えとなるような仕事の仕方を上司や先輩方のお力もお借りしながら見つけていきたいと思っています。

 

Q6:後輩や就活中の学生へのアドバイスやメッセージをお願いします。

 

色んな会社を見て、沢山の人と話して、やりがい・お金・時間等何が優先か明確にしておくことが必要

だと思います。自分が納得いくように、後悔のないように頑張ってください!

 

 

 

野中 裕介  【東京支社 環境部】(入社3年目):東京農業大学 農学科 出身

 

 

 

 

Q1:入社の決めた理由を教えてください。

 

大学での研究はフィールドワークを中心とし、前職では生物と人間の住環境の双方を相手にする仕事に

携わっていた経緯もあり、この会社が行う環境調査という部分に興味を持ちました。

 

Q2:現在の業務内容について教えてください。

 

施設から排出されるガスや煤煙に含まれる有害物質等の測定を主に担当しています。また、測定によって

得られたデータの取りまとめも行っております。採水も行います。

 

Q3:どんなときにやりがいを感じますか?

 

測定を行う際、現場では担当者の方が立ち会う場面も少なくありません。

その際に、測定結果の良し悪しに関わらず真摯に説明をし、納得していただけた瞬間にやりがいを感じます。

 

Q4:これまで携わった仕事で印象に残ったエピソードなどあれば教えてください。

 

環境測定では、季節毎に測定を行ったりと同じ現場に何度も足を運ぶ場合があり、担当者の方には測定の度に

作業風景を見られることがあります。その際に、手際が良くてしっかりと作業を行っており安心できるといった旨の

言葉を掛けられたことがあり、特に印象的です。

 

Q5:今後の目標など教えてください。

 

測定や作業に携わる際に必要となる資格等の取得に力を入れたいと考えております。

また、データの編集・書類作成等の技能も磨きたいです。

 

Q6:後輩や就活中の学生へのアドバイスやメッセージをお願いします。

 

自分の身に起きた出来事は、良くも悪くも必ず自分の経験となります。その後に、どう振る舞うべきだったかを

少しでも考えながら物事に取り組むと、個人の差こそあれ、必ず前進できると思います。

無理をする必要はまったくありませんので、自分のペースで進みましょう。

 

 

 長田 拓也  【東京支社 業務部】(入社5年目): 鹿児島大学  水産学部  出身

 

 

Q1:入社の決めた理由を教えてください。

 

私は小さいころから生き物と自然が好きで将来は自然環境の保全に取り組みたいと考えていました。

また、大学の時に水質や底質の分析について学び、環境分析にも興味を持ちました。就職活動に取り組む

中で、主要都市に大きな拠点があり環境の調査や分析に取り組んでいる当社のことを知り、自分のやりたい

ことに取り組めると考え入社したいと思いました。

 

Q2:現在の業務内容について教えてください。

 

現在GC/MSHPLCといった精密機械を使った機器分析を担当しています。測定している項目は環境水中の

農薬やトルエンやベンゼンなどのVOCの分析や、室内空気環境中のアルデヒド類及びVOCなどのシックハウス

測定を行っています。

 

Q3:どんなときにやりがいを感じますか?

 

河川や海水などの環境を確認しながら自分で採水を行い、分析をして水質をモニタリングすることで自分が

その環境を保全する一部を担っていると意識できることがやりがいとなっています。

 

Q4:これまで携わった仕事で印象に残ったエピソードなどあれば教えてください。

 

 入社1年目の時に、上司と採水に行き私が採水していたところ水が飛び散り周囲を濡らして注意を受けました。

学生から社会人になり、お客様を相手にすることに対する意識が甘かったことを痛感させられました。

その出来事以外にも教わった点や指導された点はいまでも仕事をする上で役に立っており大変感謝しています。

 

Q5:今後の目標など教えてください。

 

分析や環境に関する法律を勉強し、国家資格である環境計量士を取得したいです。また資格以外にも分析機器

や分析法、現場で必要な知識を身に着けていき、自分が先輩方にしていただいたように周りの人をフォロー

できるようになりたいと思います。

 

Q6:後輩や就活中の学生へのアドバイスやメッセージをお願いします。

 

少しでも興味のあることについて深く調べてみることが大事だと思います。企業や会社について調べたり

自分の興味のあることを見つめ直したりするいい機会なので、就職活動に取り組むことが今後の自分自身に

繋がっていくと思います。

  

 

 

 

 多久島 茜  【大阪支社 業務部】(入社2年目): 宮崎大学  農学部  出身

 

 

Q1:入社の決めた理由を教えてください。

 

大学では、農畜産業が周辺の地下水に与える影響について専攻しており、
学んだことを生かして水の安全に関する仕事に携わりたいと考えていたからです。

 

Q2:現在の業務内容について教えてください。

 

河川水や海水、地下水や工場排水などの水質分析を行っています。
主な検査項目は、pHECSSBODCOD・塩化物イオン濃度などです。

 

Q3:どんなときにやりがいを感じますか?

 

分析物の希釈倍率の読みが当たった時や、以前と比べると分析の精度が上がったなと

感じたとき、作業効率が上がって、短時間で仕事ができるようになったと実感できたときに

やりがいを感じます。

後は、自分の収入で日々の生活や趣味まで自力で賄えるようになり、やっと自立できたな、

毎日自由で幸せに生きているなと思えたときです。 

 

Q4:これまで携わった仕事で印象に残ったエピソードなどあれば教えてください。

 

 公的機関の精度検査で、私の担当していた項目の結果が合格基準だったことがとても

嬉しく、これをきっかけに今まで以上に自信を持って、業務に取り組むことができるようになり、

これからもしっかりと頑張っていこうと思えました。

 

Q5:今後の目標など教えてください。

 

現在任されている仕事を効率よく高い精度でミスなく行えるようになることを第一に、

業務にかかわる資格を習得しできる仕事を増やしていけたらいいなと考えています。

 

 

Q6:後輩や就活中の学生へのアドバイスやメッセージをお願いします。

 

就職活動では、必ず努力に見合った結果が得られるわけでも、誰もが第一希望の仕事

に就けるわけでもありません。

大量のお祈り通知に落ち込みながらも、どこかで折り合いをつけて前向きに頑張らなくてはならない

場面もきっとあるかと思います。業種、給料、休日など人それぞれ重視する条件は異なりますが、

何は譲れて何は譲れないのかをしっかりと把握することが大切です。

あせらず一歩ずつ、後悔の無いように頑張ってください。

 

 

 

 竹田 直樹  【大阪支社 業務部】(入社2年目): 東海大学  海洋学部  出身

 

 

Q1:入社の決めた理由を教えてください。

 

子供の頃から川遊びや魚獲りが好きで、大学では水圏生物の生態及び水質環境を専攻し、その経験を

生かす事ができると思いこの会社の入社しました。

 

Q2:現在の業務内容について教えてください。

 

河川・海域の水質及び底質等の環境調査業務を担当しています。海域や河川にて現場の水・土の検体を採取し、

分析担当から得られた結果から報告書を作成し、発注者へ提供する事が主な業務です。

 

Q3:どんなときにやりがいを感じますか?

 

部署内従業員が一丸となって、一年を通しての年間業務等の売り上げボリュームがある調査を完了したときです。

成果品の提供及び請求書を発行する際に会社への貢献ができていると感じます。 

 

Q4:これまで携わった仕事で印象に残ったエピソードなどあれば教えてください。

 

「この業務はうちの会社ではできないわけではない、できる様に段取りするのが仕事。」部長からの言葉です。

限界点を自分自身で決めてしまうのではなく、挑戦する意識を持つ事を学びました。

 

Q5:今後の目標など教えてください。

 

入社後は水域の調査が多かった為、陸域の大気調査等の手順を覚えていき、請け負った業務全般をこなして

いきたいと思います。

 

Q6:後輩や就活中の学生へのアドバイスやメッセージをお願いします。

 

 入社後は希望した職種や部署など、どうしても自分が描いた像とギャップは必ずあります。興味の無い分野の

仕事であっても、やりこめば何かしらのやりがいを見出したり、そこで積んだ経験が後の自分の財産になるはず

ですので、好奇心を持って取り組んでください。

 

 

 

 水崎 聖士  【本社 業務部】(入社2年目): 愛媛大学大学院  農学研究科  出身

 

 

 

Q1:入社の決めた理由を教えてください。

 

私は、大学・大学院生の時に、LC/MS/MSを使用して、環境水の水質分析を行っていました。

その実験に携わっていく中で、今自分がしている水質分析を仕事にしたいと思い、まず分析会社に

的を絞りました。そこから、会社の所在地・休日・手当て等を考慮した上で、弊社への入社を

決めました。

 

Q2:現在の業務内容について教えてください。

 

入社1年目は、水道水・飲料水の分析業務を担当しました。この業務では、機器分析や手分析を幅広く経験

することができました。2年目は河川水・浄化槽水等の分析業務に携わっており、この業務では分析業務のほかに、

現場でのサンプリングも行うので、社内だけではなく社外での業務も多くなります。

 

Q3:どんなときにやりがいを感じますか?

 

自分の計画通りに分析を進めることができた時、特に繁忙期に効率よく業務を遂行できた時は非常に大きな

達成感を感じることができます。また、近所のスーパーや病院などの水も分析する機会があり、街中を歩いて

いる時に、自分の分析したビルの名前を見かけると、少しだけ嬉しい気持ちになります。

 

Q4:これまで携わった仕事で印象に残ったエピソードなどあれば教えてください。

 

入社して半年も経たない時に、西日本豪雨災害がありました。その復興関係の業務で、約1ヶ月分の仕事

が1日で来たことがありました。その間は毎日残業で、夢でうなされるほど非常に苦しい日々でしたが、

その業務を完遂した時に大きな達成感と、「お前のおかげで多くの人の助けになった」と言われ、今まで

感じたことのない満足感を得られました。決して楽な仕事ではありませんでしたが、貴重な経験だったと

思います。

 

Q5:今後の目標など教えてください。

 

入社2年目になり、余裕も出てくると思うので、業務に必要となる資格(公害防止管理者・環境計量士など)の取得

をしていきたいと考えています。また、後輩社員も入社したので、お手本となるような先輩になりたいと思います。

 

Q6:後輩や就活中の学生へのアドバイスやメッセージをお願いします。

 

今は、一昔前に比べて社会全体的に景気が向上してきており、就活においても「売り手市場」と言われています。

そのため、入社して間もなく転職を考える人も多いように感じます。「合わなければ転職すればいい」とか

「とりあえずどこでもいいから入社しておこう」とう考えは、長続きせず定職につくのは難しいのではないかと

思います。就活するからには、第1歩目から将来のことを真剣に考え、「この会社で定年まで働きたい」と

思える様な会社を探すことが一番重要だと思います。

 

Q:入社してよかった点や社内の雰囲気を教えてください。

 

まず上司や先輩社員で優しい方が多いところです。1年目わからないことだらけでしたが、丁寧に指導して頂き、

間違ったところは何が間違っているのかしっかりと注意してもらえ、安心して業務に取り組むことができました。

また、休日はしっかりと休め、自分のペースを理解しながらある程度自分で仕事を進めることができます。

繁忙期であっても休日はリフレッシュする時間を十分確保することができるので、仕事とプライベートを両立する

ことができます。