> 
 > 
上層気象測定

上層気象測定

 

目的 : 一般的に気温の逆転層を調査することを目的としています。
 

通常大気は上空ほど温度が低いが、上層の方が下層より逆転層 温度が高い状態になっている大気の層を逆転層という。逆転層は、その生成原因によっていくつかの種類があるがそれらのうち、晴天日の夜間に地面が放射冷却するために地面に接する層から順次上層にむかって冷却が進行して生じる逆転層を放射性逆転層とい います。

 


 

 

上層気象調査要領

調査方法

上層気象調査は原則、「高層気象観測指針」(平成16年 気象庁)に準拠して実施します。

 

調査の一例

 


上層気象観測システム

当社では長年の実績において、様々な観測、解析に至るまでご好評を頂いています。